道の駅 万葉の里高岡

国道8号線沿い、能越道・高岡ICの手前にある道の駅です。
画像

なぜ高岡が万葉の里と言うのかといえば、万葉歌人の大伴家持が6年程、越中の国司として赴任していたからです。当時国庁は高岡の伏木に置かれていました。家持は赴任中に多くの句を残していて、220首以上の歌を読んでいます。
高岡には銅像や句碑が多くありますし、伏木の国庁址には万葉歴史館があり、大伴家持の研究や展示がなされています。庭園には万葉歌に歌われた植物が植えられていて、美しい花も見られます。

高岡市万葉歴史館  http://www.manreki.com/index.htm  

道の駅には幾つかの食事処とお土産の販売を行っています。
ここでしか、販売していない物がひとつあります。
「大仏コロッケ」なんですが、大きさは14センチ、なかなか食べがいのあるコロッケですよ。普通のコロッケの3個分^^お立ち寄りの際には是非お試しあれ。(追記、今は北陸のコンビニでも置いています。)
画像
画像
ついでに、高岡ラーメンというのもあります。富山や高岡で有名なのがブラックラーメン。名前の通り、黒っぽい出汁のラーメンです。美味しいものもありますが、醤油味のきついものが多いので気をつけねばなりません。道の駅のはこういう所では珍しく、味付けも吟味されているようで醤油の臭みやくどさは感じません。割合あっさりした味になっています。
画像

駐車場も広いし、休憩にはちょうど良い感じです。
画像
道の駅 万葉の里高岡  http://www.manyonosato.com/index.html

旅行日 2009.11.22
http://www.manyonosato.com/index.html

"道の駅 万葉の里高岡" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント