坂戸城址

坂戸城は上田荘・長尾氏の居城でした。
上杉家の移封と共に堀氏が入りました。
標高634mの山頂に本丸などがありますが、使用されるのは戦闘時のみで、平素は麓に館や長屋が築かれていてそこで政治や生活をとっていたようです。現在は登ってみると城という印象は受けませんが、館跡の石垣などに面影があります。
画像

坂戸城は関東と越後を繋ぐ中継点にあたり、関東の軍勢の攻撃目標にされました。御館の乱の北条軍、本能寺の変前の滝川一益、
天嶮に恵まれた城でその度に持ちこたえています。
画像
画像

堀氏が移封後廃城となりましたが、上杉景勝・直江兼続の故郷の城として人気が高く、6/30山開き後は多くのハイキング客が訪れています。
画像

ちなみに、NHKの「天地人」のオープニングで、与六と泉沢が武田勢から逃れ、馬で疾走するシーンはここで撮影されたものだそうです。
画像


旅行日 2009.12.6

"坂戸城址" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント