能登島大橋 中能登農道橋(ツインブリッジ)

能登の内海である七尾湾を塞ぐようにある能登島。
この島のおかげで、静かな内海の七尾湾は更に波が静かな三つの海に分かれています。それが「七尾北湾」「七尾西湾」「七尾南湾」です。
各湾は波の穏やかなものを利用して、港湾・漁港基地・養殖地として利用されています。

能登島から本土までの距離は近い場所で1キロ弱程ですが、以前までは連絡船フェリーが唯一の交通手段でした。
画像
画像
画像
昭和57年に「能登島大橋」が有料道路として開通しフェリーが廃止されました。
その後、能登島には「能登島水族館」「能登島ガラス美術館」「家族旅行村」という人気スポットが作られ、各海岸の風光明媚な景観やイシル・クチコなどの特産品も多く、県内外からの観光客も多く訪れたおかげで、約16年で橋の償却が完了。
橋の通行料金は往復1500円ほどと高額でしたが、予想外の短期間で無料化にこぎつけたのは地元・県の努力の成果だと思います。小さい児童を抱えた家族の訪れが大きかったようです。僕もたくさんご奉仕しました^^;子供の頃の娘に休日にどこに行きたいと云えば「水族館か恐竜館が良い^^V」この言葉に負けたお父さんがたくさんいたみたいです。

能登島大橋」は長さ1050m、石川県で一番長い橋です。車道は2車線。直線で途中に上下にうねりを持たせたものです。俗にラーメン橋と呼ばれるタイプです。
和倉温泉から能登島西部の屏風瀬戸に繋がる直線の白い姿はなかなか綺麗で、和倉の温泉旅館や和倉側の緑地公園からの橋の全景が観られます。

中能登農道橋は中島町から能登島の北西部を繋いでいます。長さは620m。能登島大橋無料化の翌年開通しました。別称はツインブリッジ。
斜張橋といわれる吊り橋です。こちらは内灘大橋と同じ形で横浜ベイブリッジの小型版ですが、木々の多い林間から海を渡る姿が優美です。
この橋のおかげで奥能登への連絡が便利になりました。認知度が低いこともあるせいか交通量が少なく、奥能登から七尾に向かう際にはこの二つの橋を渡るコースは混雑する国道本線を走るより時間を稼げます。
画像
画像
またこの二つの橋は先に書いた三つの海の境界になります。橋の左右を観ると全く違う景観になります。

この両橋を渡る際、能登島側に車両カウンター表示があり、自分が何台目の島進入の車か解ります。ちなみにこの日の僕はお昼過ぎでしたが、ツインブリッジ472台目・能登島大橋2720台目でした。

意外に県外では能登島の名は認知度が低いんですが、県内では能登では人気のスポットです。そうそうイルカウォッチングも出来るんですよ^^
機会が在ったら、橋を渡って島内を巡るのをお奨めします。

旅行日 2011.8.6

"能登島大橋 中能登農道橋(ツインブリッジ)" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)