一里野 ~ 三ツ屋野 にわか工房

仕事の関係で一里野高原まで行って来ました。
一里野高原は石川の白山麓と岐阜の白川郷を結ぶ白山スーパー林道の石川県側の出入口にあります。スキー場と温泉旅館・ホテル・温泉施設があって、水と空気が美味しい場所です

年に何回か訪れるのですが、僕のお気に入りの場所です。
この日の吃驚出来事、温泉旅館でのお仕事終了後、中央芝生の公園でしばし、ポケッとしていたら
画像


すぐ側をカモシカ君がトコトコ
今まで、遠くから崖を飛んだり、山肌に居る姿を見たことあったけど、間近で見たのは初めてでビックラコちっちゃいから、たぶん子供だと思います
僕の側で、しばらく草を食んでおりました。しばし、一人と一匹でマッタリ

それにしても、こういうときにかぎって、カメラや携帯が車の中
離れていった後姿しか取れなかった。残念無念
画像
画像


さて、帰り道は鳥越によりました。白山麓の特に鳥越地区では、蕎麦の生産が盛んです。
この時季、その蕎麦の花が満開になっています。それはまるで白い絨毯のようなのですよ。
       
画像
画像

画像
画像

写真をクリックしてアップして貰うと解るんですが、花の下にある丸いのが種子でこれが蕎麦の原料になります。

さて、白山麓でも鳥越の三ツ屋野は一番蕎麦の生産が盛んな地区です。
広い蕎麦畑が一面に広がるんですが、その中に「にわか工房」という農業体験施設があります。ここでは地元の生産品(餅・漬物・蕎麦)の加工場や体験施設。そして地元品の販売所と蕎麦処が併設されています。
画像
画像


蕎麦処では、隣の加工場から打立ての蕎麦使って、地元のおばさん達が切り盛りしています。お店にはテラス席もあるので、蕎麦畑を眺めながら食べることも出来ますよ
この日は風が強かったので、といっても、ここは谷間だから風が強い土地柄なんですけどね。店内のお座敷で足を伸ばして食べました
にわかそば(冷)
画像
画像
画像

こちらは最初に出てきた「そば菓子とお茶」
画像


最後に蕎麦湯も出てきます。残ったそばつゆと混ぜると美味しい
画像


ほんとに自然と畑のど真ん中なので、とっても静かな雰囲気の中で食べられます

帰りに販売所で、これを買いました 「金時草(きんじそう)」「おくら」  金時草は人気があってすぐ無くなっちゃうんですが、ひとつ残っててラッキー 後ろに居たおじさんが恨めしそうに見てました
画像
画像

どちらも嫁さんへのお土産
どっちも血圧の抑制効果があるんですよ 「金時草」は加賀野菜のひとつです。
葉の表が緑なんですが、裏は紫でサツマイモみたいな色なのでこんな名前が付いています。酢の物や天婦羅にすると美味しいのですよ。

日記日 2009.09.24

一里野高原 芝生広場



にわか工房


"一里野 ~ 三ツ屋野 にわか工房" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (06/02)

「延喜式神名帳」- by y&m (06/01)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)