歴史の道百選 田近越・小原越・二俣越

10/30 先記事の殿様街道、別名・二俣越えを含む全国36件が文化庁から「歴史の道百選」が追加選定されました。今回、砂子坂(二俣越)を書いていて、このニュースが入ってきて、えっ@@ でもね。。 文化庁は29日、歴史的・文化的な由緒を持つ「歴史の道百選」に全国36件の街道や運河を追加選定した。平成8年(1996年)に78件を選んで以来23年ぶりの選定で、石川県関係では石川と富山を結ぶ「田近越・小原越・二俣越」が選ばれた。石川県内の歴史の道百選は計5件、全国で114件となった。歴史の道百選は都道府県教育委員会の推薦に基づき、選定委員会が「当時の道筋良好な状態で残る」「複数の地域にまたがる」「明治時代以前に活用されていた」などを基準に選定。指定されると補修や説明板設置を国が補助する。石川県内では平成8年に北陸道ー倶利伽羅峠越、白ヶ峰往来、石動山道、白山禅定道の4件が選ばれた。今回選ばれた田近越・小原越・二俣越は戦国時代以前の成立とされ、北国街道(北陸道)よりも加賀と越中間を早く往来でき、盛んに利用された。道筋には中世の山城が国境でにらみ合うように築かれ、その城跡が戦国末期の前田利家と佐々成政の攻防の緊張を伝える。百選には三つの道筋をまとめて1件として選定された。小矢部市から津幡町を通り、金沢北部の森下川右岸に出る田近越は、道筋に一乗寺城跡と朝日山城跡がある。小原越は小矢部市から森下川沿いの谷に出て金沢に向かう道で、道筋に松根城跡と切山城跡があり、一部は国史跡「加越国境城跡群及び道」に指定。南砺市から山…

続きを読む

加賀一の宮駅舎

白山比咩神社 表参道一の鳥居(R1.8.13撮影)パーク獅子吼からの帰り道、娘にお土産をということで白山比咩神社の表口に立ち寄ることに。。 白山麓のど真ん中、旧の吉野谷村にある吉野工芸の里の入り口にある大判焼のお店「山法師」 このブログサイトの最初のアップでも紹介しています。⇒ 最初のUP 日本最大級の石ころこのブログの画像はこの時のアップの2.3年前のものですからもう10年も前になるんでしょうか。。最後のおまけ画像としてアップしたものです。 皮ばかり厚く、くどい甘味の多い大判焼ですが、山法師の餡は甘いのはもちろん、変なくどさが無く誰でもペロリ ^O^しかも餡は通常の3倍のボリューム満点。日頃、大判焼はどこで買っても同じとのたまう嫁さんもここだけは特別というほど、、とにかく我が家でも全員大好きな逸品ですアップ当時から全国一の甘党とされる石川県の人には知る人ぞ知るの人気店でした。 吉野工芸の里の入り口にある茅葺屋根が目印の山法師は、白山麓のスキー場関係者が、冬以外の営業として始めたお店で、冬期間は本業のスキー場で休業しています。しかも時間的にも長時間開いているお店でもありませんでした。しかし、白山麓の吉野谷はやはり遠い、ゆっくり走ると自宅からでも車で1時間弱はかかってしまいます。というわけで、白山麓に仕事で行って昼間に通るときに、タイミングが合えば、お土産で買っていたんです。ところが人気が出ると大変な事態…

続きを読む

最近のコメント

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/28)

「延喜式神名帳」- by 藍上雄 (05/28)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/27)

「延喜式神名帳」- by ミクミティ (05/26)

「延喜式神名帳」- by つとつと (05/26)