一閑寺 日本最大の自然石磨崖不動明王像

地元にありながら、まだ観たことがなかった「一閑寺の不動明王像」 今回初めて拝観してきました^^V 一閑寺の本堂は「岡山」という小山の山肌に接して建てられており、内に入ると本堂の北側壁石面に彫られた不動明王が観られます。大きな岩石壁に彫られた彫像の髪・眉・眼・剣を彩色してあるので、ちょっとユニークなお顔をしています。不動明王と云えば厳つい顔が多いんですが、ここのお不動様は観るとちょっと笑いが出ちゃうお顔です^^;全長8メートル超、その大きさは自然石磨崖仏の不動明王としては日本一、側に立つとやはり圧倒されます。写真はピンボケですみません>< この彫像の由来は寺伝によると養老元年(717年)白山開山の泰澄大師が鶴来に立ち寄った際、村人の眼病平癒のため祈祷し、岩山の岩石壁に不動尊を線で刻んでいったそうです。長年の歳月と風雨で明王図は薄れましたが信仰は衰えず、1631年に加賀前田家の菩提寺・宝円寺住職の雲堯禅師が「一閑寺」を開山したそうです。 宝円寺については以前UPしていますが、近年になって風神雷神図で有名な俵屋宗達の墓が発見されて話題になっていました。興味のある人はこちらをどうぞ 宝円寺 → http://72469241.at.webry.info/201208/article_29.html 天保年間(1830年~)火災に遭い焼失 18代 独角和尚は再建のため岩石壁の切り出しを行うため、石工の文助・七左衛門兄弟に命じたのですが、つるはしは折れるは二人が熱病で寝込むな…

続きを読む

最近のコメント